ペットの葬儀はすでに一般的ですが人間の葬儀とは違います。けれど納骨は同じ所に葬ってもらえるかもしれません。

葬儀の式次第と納骨までの道のり

葬儀は別でも納骨場所は一緒

今はペットも家族の一員なので、亡くなった時には葬儀を行い納骨をする家庭が普通になっていると思います。犬や猫や鳥など私のまわりでペットを亡くした家はたくさんありますが、葬儀をしなかった家は2件しかありません。世の中には大勢人を呼んで人間と同じ葬儀を行う人もいるそうですが、ペットの葬儀は人間のものより簡素です。葬儀と火葬はペットの葬儀社に頼んだけれど遺骨を手放せずに手元に置く人もたくさんいますが、ペット霊園の納骨堂や合同墓所に収めて慰霊祭などにお参りに行く人も多いです。個別の納骨堂などはペットが好きだった食べ物やオモチャを供えて、写真を洒落たフォトフレームに入れて明るい色のタオルを敷いたり、それぞれに可愛らしく飾り付けています。人間の墓や納骨堂は少し怖い気もしますが、ペットの場合は雰囲気も明るく全員家族に愛されてきた子ばかりなので少しも怖くありません。

我が家の愛犬もペット霊園に遺骨を納めているのですが、先日スタッフから良い話を聞きました。数年のうちにというわけにはいかないけれど、ペットと一緒に永眠できるように霊園に人間の墓地も併設する計画があるそうです。今まで自分の時は自然葬がいいと思っていたのですが、愛犬と共に葬られるならそれに勝るものはないと思いました。親戚と同じ墓より愛犬と一緒の墓に入りたいという人はたくさんいると思います。絶対に実現してもらいたいです。本当は墓石の下よりも一緒に樹木葬だともっと満足なのですが、とりあえず一緒にいられるならば我慢します。

おすすめ情報

Copyright (C)2019葬儀の式次第と納骨までの道のり.All rights reserved.