葬儀が終わって49日の法要の時にお墓に納骨します、それで一連の葬式は終了し、それから7回忌、13回忌となります

葬儀の式次第と納骨までの道のり

葬儀は納骨で一応終了です。

人が無くなると、残された家族はまず葬儀を出さなければならない。どんなに葬儀に慣れている人でもわからないことだらけであることは、一回葬儀を経験してみたらわかります。その家で葬儀が毎月行われるわけではありません、多くても3回かその辺です。葬儀をする場合前の葬儀を思い出さなければなりません。新しい仏様を出したなら尚のこと分からないことばかりです。そのような時にセレモニーホールは強い味方になってくれます。実際、その言うとおりにしているはずですから。通夜、告別式、出棺、おとき、お寺参り、地域によって若干順序が違うことがまた面白いところです。そのような順序はセレモニーホールに全部おまかせして、喪主は挨拶を考えればいいだけです。私の記憶では多分、告別式の時に3回忌も併せて行う地域が多いと思います。出棺の前に告別式をするところもあれば、遺骨にしてから告別式のところもあります。その地方や地域によっても葬儀の手順は異なります。そして最終的には49日の法要の時に納骨と言うことになります。

先祖代々のお墓があれば、納骨も簡単ですが、新しい仏様であるならば、事は簡単ではありません。まず墓地を探して、それは宗派に関係がない霊園なのか、それとも改宗をしなくてはいけない寺院墓地なのか、難しい問題を含んでいます。そしてお墓の建立ですが、結構なお金を必要としています。もしかして新しい仏様を出したら、葬儀よりも墓地とお墓にお金がかかるのではないでしょうか。

おすすめ情報

Copyright (C)2019葬儀の式次第と納骨までの道のり.All rights reserved.